精神科病院の医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 勤務先別の医療秘書求人 >> 精神科病院の医療秘書求人

精神科病院の医療秘書求人

医療秘書が活躍できる場として、規模の大きな総合病院や大学病院、規模の小さなクリニックなどが挙げられますが、その中で精神科を標榜している医療機関の数は限られてくるでしょう。そのため、精神科に興味を持ち、自分のスキルを活かすために医療秘書の道を選択しても、なかなか就職するには難しいというのが現状ではないでしょうか。

精神科病院であっても、業務内容については、一般企業で活躍する医療秘書と差はあまりないと思います。業務内容は、院長やドクター、看護師などの元につきサポートする役割が主となるでしょう。必要とされるスキルについても、一般企業と同じように、パソコンや基本的な礼儀や接遇マナーが挙げられると思います。

精神科を主として標榜している医療機関もありますが、規模が大きいとなればもちろん、ドクターの数も多くなります。そういった医療機関であれば、医療秘書の業務も増えることになるでしょうから、募集をする可能性もあると思います。医療秘書は、少ない人数で数多くの業務をこなしています。そのため、ある程度のスキルや医療の知識、実務経験年数などが求められることになると思いますが、医療秘書の経験がなくても、医療事務の経験があれば採用に繋がる可能性があるようです。医療秘書の求人情報数が少ない現状では、競争率も高くなると思いますので、医療事務の経験を積んでから、医療秘書を目指すのも、良い方法ではないでしょうか。

また、近年注目されているドクターズクラーク(医師事務作業補助者)の資格を取得し目指すのも一つの手だと思います。ドクターの数が足りていない地域においては、こういったドクターの業務を補助する役目の職員がより一層必要とされてくると思います。ドクターズクラークの資格取得は、業務内容から見てもわかるように、難易度は高くなると思います。しかし、医療秘書としてやりがいを感じることのできる資格の一つだと思いますので、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

また、転職サイトには他と比べてみると、数が豊富にあるといったメリットがあります。仕事をしながら就職活動をしようと考えている方や、小さい子どもがいる方にとっては、なかなかハローワークに行く時間を作ることも難しいといった問題点があると思います。しかし、転職サイトはいつでもパソコンや携帯で利用することが可能になりますので、利用しやすい一つの方法だと思います。転職サイトにも数がありますので、さまざまな転職サイトに目を通してみることをおすすめします。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.