クリニック(診療所)の医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 勤務先別の医療秘書求人 >> クリニック(診療所)の医療秘書求人

クリニック(診療所)の医療秘書求人

医療秘書として活躍できる医療機関の中に、クリニックも含まれますが、大規模な総合病院や大学病院、個人病院などと違い、医療秘書課を設けていないクリニックが多いのではないでしょうか。その理由とし て、大規模の医療機関に比べて、ドクターの人数が少ないため、医療秘書課を設けなくても、医療事務がその役割を担えるためということが挙げられると思います。

そのため、クリニックでの勤務を希望したとしても、求人情報がなく就職に就くことは難しいでしょう。クリニックでの医療秘書の仕事を希望するのであれば、医療事務の資格取得から目指すことも一つの方法 だと思います。勤務形態や優遇面にこだわりを持たなければ、クリニックが募集している医療事務員の求人情報数は、医療秘書に比べると豊富にあると思います。それぞれのクリニックによって、業務内容の幅 は違ってくると思いますので、さまざまな求人情報に目を通して、医療秘書の業務にも携わることのでき る求人情報を見つけてみてはどうでしょうか。

もちろん、医療事務兼医療秘書の業務をするにしても、ある程度のスキルが必要になってくると思います。医療秘書と医療事務、共通して必要とされるスキルはパソコン、そして基本的な接遇マナーです。医療秘書の場合は、さらに医療法などの知識も必要となってきますが、兼用している医療機関であれば、初めのうちからレベルの高い知識は求められることは少ないと思いますので、経験を積む中で学び身につけていけばいいと思います。

しかし、パソコンに慣れていなければ、医療秘書としても医療事務としても就職するのは厳しいでしょう。パソコンのスキルを学ぶためには、通信講座や通学講座、派遣会社での講座などが挙げられます。自分のライフサイクルに合った学び方を選択することをおすすめします。また、求人情報数が少ない中でも、転職サイトには他には掲載されていない求人情報があり、数も多いといったメリットがあるようです。就職活動する上でのサポート面や、就職した後のサポート面など、充実した転職サイトもあるようですので、こちらも利用してみることも良い方法ではないでしょうか。

ハローワークに行く時間がないといった方にとっても、いつでもパソコンや携帯などで見ることが可能となりますので、利用しやすいものの一つとして挙げられます。転職サイトによって、それぞれのメリットがあると思いますので、さまざまな転職サイトに見てみると、自分が希望しているサポートが受けられる転職サイトが見つかるでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.