福利厚生充実の医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 福利厚生充実の医療秘書求人

福利厚生充実の医療秘書求人

福利厚生とは、法律で定められている法定福利厚生と企業経営者側の任意となる法定外福利厚生とがありますが、福利厚生が充実していることは、働く上では非常に重要になってくるものです。しかし、企業の中には、法定福利厚生もままならない企業があるのもまた事実です。法定福利厚生には、健康保険や厚生年金保険、雇用保険、介護保険、労災保険といったものがあり、労災保険だけは全従業員分を全額事業主が保険料を支払うことが決められています。

ところが、その他の保険は、働くのなら当然もらえると思いがちですが、勤め先の規模によっては付かないことも少なくはないのです。医療秘書が働くのは医療機関がメインとなりますが、少人数の個人事業主が運営しているような小規模なクリニックとなると、医療秘書よりも待遇が良いはずの看護師でさえ、これらの恩恵を受けられないこともあります。例えば、厚生年金ではなく国民年金となり、全額自分で負担しなければならないこともあるのです。そのため、業員数が5人以下という小規模なクリニックで働く看護師たちは、任意適用事業所として各種保険に加入しているケースもあるのだといいます。任意適用事業所は、従業員の半分以上が同意することで適用されるものです。

福利厚生が受けられるのは決して当たり前ではないわけですが、医療秘書の仕事の求人があるのは、比較的大きな医療機関だといえます。つまり、正社員かパートかという雇用形態によっても違いはあるものの、福利厚生が充実している可能性は高くなります。その医療機関が人気があり、遠くからも患者がくるほど込み合っているようであれば、経営も安定していて福利厚生も充実していると思って良いでしょう。もちろん、そのようなところであれば給与も充実しているはずです。また、大規模な病院ともなれば、職員の家族も健康診断を受けられたり、職員食堂で安く昼食が食べられたりすることもありますし、住宅手当が支給されることもあります。

他にも、退社後や休みの日には提携のメディカルフィットネスセンターで格安料金でエクササイズを楽しめたり、リゾートクラブや保養所で優待サービスを受けられたりすることもあるでしょう。後は、雇用形態によって利用可能かどうかということも関係してくるので、転職する時にはチェックしてみるのがおすすめです。長く働き続ける上では、このようなレクリエーションでリフレッシュすることも大事なことといえるからです。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.