土日休みの医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 土日休みの医療秘書求人

土日休みの医療秘書求人

医療秘書の仕事は、基本的には勤めている医療機関の営業時間に合わせて働くことになります。日曜や祝日などは多くの医療機関が休みになるので、医療秘書の求人もそれに準ずることになります。一般的な職業となると土日が休みのところが多いですが、医療機関の場合は土曜日が出勤となるところは結構あるのではないでしょうか。土日ともに休みとなると、どちらかといえば規模の小さなクリニックが考えられますが、そのようなところで医療秘書の求人を見つけるのはあまり多くはないでしょう。医療秘書は、大学病院や総合病院といった都心部にあるように大病院からの求人が多いことが特徴だからです。

一方、24時間365日休むことなく稼働している病院があるのは、医療という特性上致し方ないことといえます。そこで働く看護師などは、休みといえば平日のみで、年越し深夜勤などもごく当たり前のことです。といっても、医療秘書は看護師のように医療行為を行うわけではありませんので、看護師と同じく夜勤を定期的にこなしたり自宅待機をしなくてはならないといったこともほとんどありません。医療秘書が土日も出勤するとなると、救急外来を持つ病院に勤めた場合が考えられるのではないでしょうか。救急病院ともなれば、土日、祝日、お盆、年末年始休みといった世間の大半の人が休む時にもっとも忙しくなるのが普通です。周囲の病院が休みとなれば、いつ何時、緊急を要する患者が一時に運ばれてくるかわからないので、医療秘書も張り詰めた空気の中で働くことになるでしょう。

医療秘書の平日のスケジュールは、診察開始時間となる8時半くらいから業務がスタートし、13時過ぎに昼食、夕方は17時半頃に業務終了となるところが多くあります。休日は、前述のように努める医療機関の営業時間に即するので、たいていは週休1日か2日となることでしょう。しかし、大病院ともなれば医療秘書が何人もいて業務を分担することも可能ですが、そうではない病院となると、一人ですべてこなさなければなりません。その場合は、休みたい日に休みが取れないといったことも生じてくるはずです。また、お盆やお正月が基本的に休みという医療機関に勤めても、意外とそれぞれの休暇期間は短く、まとまった休みとなると取得しづらいこともあります。土日は休みたいという人は、求人を見る時には病院の営業時間はもちろんのこと、医療秘書が何人いるかということもしっかりチェックするようにしましょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.