離職率が低い医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 離職率が低い医療秘書求人

離職率が低い医療秘書求人

医療秘書は、医療事務とともに女性にとても人気のある職業です。女性の人生といえば、結婚で夫の転勤についていかなければならなくなったり、出産や子育てをするなど、ライフスタイルが大きく変化していくのが特徴です。

しかし、医療秘書や医療事務は、そのような大きな変化があって退職した場合でも、再び雇用してもらえる可能性が非常に高い職業だといって良いでしょう。医療秘書は、その90%が女性で成り立っているといわれています。これは女性がたくさん働いている医療界全体にいえることですが、主な働き手である女性がずっと勤務し続けられるように長い期間かけて自然に工夫されてきています。経験を積んだ女性たちに再び職場に戻ってきてもらえるよう、企業側もさまざまな工夫をしているわけです。しかし、確かに医療秘書や医療事務の仕事をしていて産休を取る女性はいるのですが、同じ職場で長く働く女性の割合はそれほど高いとはいえません。

ほとんどの女性は一旦離職しておき、その後のライフスタイルによって働き方を柔軟に変えながらキャリアを積んでいくというケースが多く見られます。再就職の時には、新たに求人を探すわけです。そのため、医療秘書は、正社員というよりもパートや契約社員、派遣社員という雇用が多いことも特徴です。例えば、子育てをしながらであれば短時間勤務が可能なパートで働くといったことは非常に多く見られ、仕事と育児両方をこなさなければならない女性にとってもその方が働きやすいといえるのでしょう。このようなことから、離職率という単純な数字でいえば高いというのが実情なのではないでしょうか。

離職率が高いとはいえ、前述のように、医療秘書として長い期間勤め続ける女性はたくさんいます。もしも同じ職場で長く勤め続けたいと思うなら、求人が多いとはいえませんが、やはりパートよりも正社員としての雇用を目指すのがおすすめです。職場復帰するには、しっかりとした知識を身に着けて経験を積んでおく必要があるでしょう。産休は誰でも同じ条件で取得できる制度ではありますが、やはりパートよりも正社員として病院に貢献していた方が取得しやすいのが実情です。とはいえ、パートであっても快く皆に送り出してもらえるところもあれば、正社員であろうとも肩身の狭い思いをしなければならないことは少なくありません。出産を視野に入れている場合には、転職する際に産休の取得率などもチェックしておくことがおすすめです。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.