スキルアップが見込める医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> スキルアップが見込める医療秘書求人

スキルアップが見込める医療秘書求人

医療秘書の求人はパートもありますが、正社員として大きな期待を持って迎えられることも少なくありません。その役割にはさまざまなものがあるものの、基本的には医療スタッフと患者さんをつなぐパイプのようなものだといって良いでしょう。また、病院内部の業務をしっかり支える病院事務のスペシャリストということもできます。

医療秘書の業務内容は多岐にわたることが特徴で、受付や電話応対といった一般的な企業で行われる事務的なものをはじめとして、医師のサポートする秘書業務や、医療事務と同じように診療報酬明細書を作成したり、カルテの管理も行います。これらの仕事は、医療機関によってはさまざまな職種の人によって業務が細かく割り振られていることもありますが、場合によっては、医療秘書がこれらの仕事を一手に引き受け慣れればならないことも少なくないのです。

また、こうした業務を医療秘書に任せることで、医師や看護師たちは安心して診察や治療といった本来の業務に専念できることになります。病院が円滑に運営されて患者さんが安心して治療を受けるために、医療秘書は大きな役割を果たしているのです。

医療秘書として一通り仕事がこなせるようになり、スキルアップを考えるようになったら、医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)という資格にチャレンジしてみると良いでしょう。医師事務作業補助者は、社団法人全日本病院協会と財団法人日本医療教育財団の主催により実施されている民間の資格です。この資格が誕生した背景には、忙殺される医師が本来の仕事に専念するため、医師の事務的な作業をサポートする人を育成しようという狙いがあります。医師事務作業補助者に合格するということは、診断書や処方せんを作成したり、検査を予約したり電子カルテを入力したりと、医師が行っている事務的作業を、医師に代わって行えるようになるということを意味しています。

もちろん、医師の指示のもとで作業が行われますが、それには、医師と同レベルといっても良いくらいの知識やスキルがなければ成り立ちません。そのため、医師事務作業補助者に合格するのはかなりの難関であるといえます。また、豊富な実務経験があることが前提となり、所定の研修を受講する必要もあります。しかし、優秀な医師事務作業補助者のサポートがあれば、医師は患者さんと十分に接することができるようになるので、それまで以上に医療現場の質が高まることは言うまでもありません

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.