激務でない医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 激務でない医療秘書求人

激務でない医療秘書求人

医療秘書の仕事ですが、勤務先によって激務になることもあれば、比較的ワークライフバランスを保ちながら仕事のできる所もあります。まず総合病院や大学病院のような入院病棟のある医療機関で勤務する場合、医療秘書が夜勤を担当することはあまりないでしょう。基本8時半から9時ごろにかけて仕事が始まって、13時くらいになったら昼食休憩をとります。その後午後の仕事に取り掛かって、17時半から18時ごろになったら帰宅するというパターンの所が多いです。ですから一般企業でOLとして仕事をしているとの同じようなスケジュールで仕事ができるでしょう。

総合病院や大学病院の場合、誰の担当になるかによって激務かどうかが変わってきます。例えば医師について医療秘書業務をする場合、医師が学会で研究成果を発表する際にはその準備の手伝いをしなければならないことがあります。研究データをパソコンに入力するとか、医学論文の検索作業などで意外と膨大な時間を費やしてしまうこともあります。勤務時間内では作業が終わらずに、かなりの残業が発生してしまうことがあります。

ではクリニックや調剤薬局のような小規模で運営されているようなところに医療秘書として勤務した場合はどうでしょうか?このような小規模な職場の場合、医療秘書は一人だけというケースも珍しいことではありません。そうなるともし自分が休むと自分の仕事の穴埋めをしてくれるスタッフがいないので、なかなか休みが取れないといったことも起こりえます。クリニックの場合、学会の研究準備などを任されることはあまりないでしょうから残業はあまり発生しないでしょう。しかし休みがなかなか取れないといったことは起こるかもしれません。

医療機関の場合、カレンダー通りに休みが取れないこともままあります。日曜日や祝日は休日であるところが多いですが、土曜日に関しては出勤しないといけない医療機関も少なからずあります。また総合病院や大学病院の中には、お盆休みや年末年始休暇もあったとしても短いという所も多いです。お盆休みと年末年始それぞれ3日ずつといった医療機関も結構あります。

求人情報を見ると、休暇や勤務時間、残業が月どのくらいになるか掲載されているはずです。激務ではない医療機関で医療秘書として仕事をしてみたいと思っているのであれば、求人情報の内容をしっかり確認しましょう。ちなみにパートタイマーや派遣の場合、残業はないでしょうし、毎日出勤しなくてもよくなるので激務ではなくなります。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.