夜勤がある医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 夜勤がある医療秘書求人

夜勤がある医療秘書求人

医療秘書のお仕事は、基本的に病院やクリニックの営業時間に働くことになるので、夜勤が生じる可能性は低いといえます。また、残業がほとんどなく定時に上がれるところも多いことから、プライベートもしっかり充実した生活を送れることがメリットといわれています。また、このような事情から、女性が働きやすい職種として人気を集めており、結婚や出産を経ても働き続ける女性がたくさんいます。

医療秘書の仕事は、電話応対をしたり院長の出張を手配したりといった秘書業務の他、医療機関ならではの業務もこなすことになります。前述のように一般的には働きやすい職種ですが、医療機関によっては、医療秘書の役割が非常に大きくなる場合もあり、その場合は夜勤はなくとも残業や休日出勤が多くなることは十分に考えられます。例えば、院長が学会に出席するとなると、タクシーや宿を手配する他、自分も同行する場合は休日にも出勤しなくてはならないこともあるでしょう。

また、学会に向けての資料作成の手伝いをする際には、前日などは残業になることも考えられます。医師たちは、最新の研究結果を報告しあう学会という場を非常に大切に考えているものなので、それに向けての準備もかなりの労力を費やすこともありますし、開催頻度も決して少なくはありません。医療に関する知識も、看護師までとはいかなくともそれ相応に時間を割いて勉強することが必要になるでしょう。

また、医療秘書と似た職種に病棟クラークがあります。病棟クラークの仕事内容は正式にいえば、患者さんやその家族への入院案内や病棟説明、検査案内の他、看護師のサポートといったもので、医療秘書とは異なります。しかし、病棟クラークも医療秘書も、病院の業務がより専門的に細分化されるようになったため出来た職種の一つであり、最近知られるようになったものであることから、医療機関によっては実際は仕事内容がほとんど変わらないところもあります。そして、病棟クラークの場合は夜勤が生じてくる可能性もあるので、夜勤を避けたいと考えている人は注意が必要でしょう。産婦人科や救急救命科に勤務することにでもなれば、夜中に入院患者が担ぎ込まれることもあるので、交代で夜勤をする医療機関もあるからです。

求人を探す時には、前述のように実際は同じ仕事であることも多いため、病棟クラークの仕事内容をチェックすることで医療秘書としての仕事に就く可能性は広がってきます。しかし、科目も見逃さないようにチェックするのがおすすめです。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.