正社員の医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 条件別の医療秘書求人 >> 正社員の医療秘書求人

正社員の医療秘書求人

医療秘書の求人を出しているのは、病院をはじめ、調剤薬局や製薬会社、健康保険組合などさまざまなところがあります。しかし、医療秘書を個別に雇うとなると医療機関の規模は大きめのところがほとんどなので、小規模となるクリニックなどからの求人はあまり多くないといって良いでしょう。また、正社員の求人となるとそれほど多くはないのが現状です。派遣社員や契約社員、パートといった非正規雇用がメインとなり、数少ない正社員の求人には多くの応募者が集まりやすいといって良いでしょう。

中でも、都心に存在するような大学病院や総合病院の医療秘書ともなれば、正社員として働ける可能性は高くなります。このような傾向は、女性に人気の医療事務の仕事でも同じことがいえます。その理由は、医療系の事務職となるとどうしても女性が中心となることから、結婚や出産、育児で退職するケースが多く見られ、時間の融通の利く雇用形態で勤務したいと考える人が多いことが挙げられるでしょう。

正社員として医療秘書の仕事に就きたい場合は、医療機関のホームページをチェックしてみるのも良いですし、専門学校などからの斡旋、ハローワークなどに当たってみるのも良い方法です。しかし、前述のような女性特有のライフプランに合わせて働き続けたいと考えるなら、最初は派遣会社などに登録して職を斡旋してもらうのも良いのではないでしょうか。経験を積み重ねていけば、その後の自分の事情にもよりますが、正社員登用という道が開けるかもしれません。といっても、派遣やパートの場合、正社員と比べると残念ながら待遇も給与も十分な保障がない場合が多いので、募集枠が限定されがちな正社員に採用されるのはそれほど簡単なことではありません。

また、最近は、医療機関の仕事も細分化が進んでおり、それぞれの仕事により専門性の高い内容が求められています。医療秘書や医療事務の他に、病棟クラークやメディカルコンシェルジュ、メディカルアシスタントなど、聞き慣れない職種が医療機関の求人に掲載されているのを見た人も多いのではないでしょうか。しかし、現状はそれぞれの仕事が完全に浸透しているとはいえず、仕事の内容もきっちり線引きされているわけではありません。中には似たような仕事内容で名称が違っているだけということも考えられるので、求人の仕事内容をよくチェックしてみると医療秘書の仕事に就ける可能性はぐんと広がってくるといえます。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.