医療秘書の仕事内容・役割

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の仕事内容・役割

医療秘書の仕事内容・役割

医療秘書の仕事内容は、勤務する先によって求められる能力や必要となる知識が違ってくると思いますので、異なるところもありますが、基本的には、院長やその他のドクターをサポートするための業務です。 一般企業の社長秘書などと同じように、スケジュール管理は医療秘書にとっても、一番大事な業務となります。ドクターは、院内業務の他に、様々な都道府県で行われる学会や研究会などに参加するため、出張が頻繁にある場合もあります。

また院長の場合においては、他のドクターと比べると、より多忙なため、院内にいる日も少ないというのが現状かと思います。多忙な院長を始め、その他のドクターが、スムーズな業務が行えるようにサポートするのが、秘書の役割のため、スケジュールを聞かれる度に、毎回スケジュール表を確認するのではなく、ある程度頭に入れて、素早く正確な対応が求められます。 その他にも、学会などに必要な書類の作成または、院内で行う会議の書類作成や、出張の際の交通の手配、来客応対や電話応対、研究会などの音取り業務など、たくさんの仕事内容が挙げられます。

書類の作成も、大事な仕事の一つのため、エクセルやワードなどの一般的なパソコンのスキルは必要になってきます。また、医療機関で働く上ではやはり、医療の知識が必ず必要となります。その他にも、学会や研究会などへの同行も必要に応じてある医療機関もあると思います。医療秘書は、院長やその他のドクターのもとにつき、サポートする業務という医療機関が多いと思いますが、看護部長の秘書として業務する医療機関や、病棟の看護師のもとにつきサポートをする、クラークの役割を担う医療機関も中にはあるようです。

看護部長の医療秘書の仕事内容については、医局秘書と変わらず、スケジュール管理や電話応対、来客応対などが主な仕事内容となるようです。クラークにおいては、カルテ整理などが仕事内容にプラスされてくると思います。どの医療従事者のもとについたとしても、高い能力は求められると思いますし、幅広い知識も必要となり、臨機応変さや、基本的なマナーも身についていなければならないと思います。また、英語能力が必要とされる医療機関もあるため、語学力が求められる場合もあります。そのため、業務的には大変なところもありますが、スキルアップが見込めるという魅力ある職種の一つです。求人情報サイトには、様々な業務内容の求人情報があると思いますので、自分の理想とする求人情報を見つけるのに利用してみるのも、良いでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.