医療秘書の専門学校

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の専門学校

医療秘書の専門学校

女性に人気の高い医療事務と似たものに医療秘書という仕事があります。医療事務が病院の受け付けや会計を主な仕事とするのに対して、医療秘書は比較的大きな病院で院長の秘書としてスケジュールを管理したりするのが主な仕事です。医療秘書は、患者さんと接することはほとんどなく、取引先やマスコミの対応をする他、学会の準備を手伝ったりすることもあるので、事務職に加えて研究にも携わる接客業でもあるといって良いでしょう。

そんな医療秘書になるために、専門学校に行ったり通信講座を受講したりする人もたくさんいいます。しかし、必ずしもそのような学校を卒業する必要はなく、専門学校はスキルを身に着けるために通うといった方が適切でしょう。医療事務と同じように、医療機関で働きはするものの看護師のように医療行為をするわけではないので、特定の資格や免許を取得する必要はないのです。医療秘書教育全国協議会という機関が主催する医療秘書の検定試験はありますが、これも受験資格が特別あるわけでもなく、比較的誰でも簡単に目指すことができるといって良さでしょう。

医療秘書のスキルを身に着ける専門学校は、「医療秘書科」として独立した科を設けている場合もありますが、「医療事務・医療秘書コース」といったように医療事務の勉強も同時に行うところもよくあります。履修期間は2年間というところがほとんどで、多くの専門学校では実践的な内容を盛り込んでいるものなので、卒業後は医療秘書として余裕を持ってスタートを切れるようことでしょう。特に医療秘書の場合は医療用語も使われるため、最低限の医療知識が必要となります。そのような知識をあらかじめ身に着けておけるのは専門学校ならではといえるのではないでしょうか。また、提携病院などがある専門学校であれば、病院での実習がカリキュラムに含まれているので、実際の仕事のイメージもしやすくなります。

さらに、専門学校にはさまざまな医療機関からの求人がくるので、就職先を見つけやすくなるというメリットもあるでしょう。「医療事務・医療秘書コース」であれば、診療報酬明細書を計算するレセプト業務についても学べるので、より仕事の幅が広がっていくはずです。また、専門学校には通信講座コースを開講しているところもたくさんあります。自宅で学習できるので、別の職種で働きながら学んで転職を目指す際にも便利ですし、子育て中の人が社会復帰する時にも役立つでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.