医療秘書になるには

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書になるには

医療秘書になるには

医療秘書になるには、専門学校や大学などへの進学というのも挙げられますが、医療秘書技能認定試験という医療秘書の資格がありますので、個人的に資格を取るということも、医療秘書の仕事の内容がわかり、医療秘書がどういうものなのか学べることもできると思いますので、一つの方法かと思います。

医療秘書技能認定試験は、医療事務の資格と同じように、通信講座で資格取得が可能なため、家庭を持っている主婦の方でも取得しやすい魅力のある資格の一つです。しかし、医療秘書の資格取得は、医療秘書の業務をするのに、必須というものではないため、あまり重要視されていないというのが現状だと思います。

そのため、資格取得だけでは、求人情報が少ない今、医療秘書の就職につくのは厳しい状況にあると思います。また、医療機関が求めている医療秘書は、文章の作成をする業務も大切な業務なので、ワードやエクセルなどのパソコン能力が身についている人というのはもちろんですが、医療秘書技能認定試験の資格を持っている方よりも、基本的なマナーのスキルが身についている方や、コミュニケーション能力がある方という傾向にあります。

それは、医療秘書はドクターのサポートをする役割がある重要な立場にあるためです。ドクターに近づく知識量も必要となってきますし、専門性も高くなければなりません。 そのため、新卒者の方を対象とした求人情報はほとんどありません。新卒者の方が、まず医療事務として採用され、入社した後に医療秘書に向いている方が秘書課に配属される場合があるようですが、少ないパターンかと思います。

新卒者の方や、医療秘書の未経験者の方で、医療秘書として活躍することを希望されている方は、今注目されている、医師事務作業補助という資格を取ることを一つの方法だと思います。 この資格は、名前の通り、ドクターの事務作業を代わりに担うために必要となるものです。勤務する医療機関によっては、上記に挙げた業務内容を医療事務員がこなす場合もありますが、医療秘書がこなす医療機関もあります。医療秘書技能認定試験と合わせて取得することによって、医療秘書の仕事であるドクターのサポート役として勤務することができる可能性が高くなると思います。

医療秘書の求人情報は、医療事務などの求人情報数に比べて、かなり少ないため、自分に合った求人情報を見つけることは難しいとは思いますが、転職サイトなどには、求人情報数が豊富ということや、就職活動する上でのサポートなどメリットがたくさんありますので、利用してみるのも良いでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.