医療秘書のストレス

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書のストレス

医療秘書のストレス

医療秘書として仕事をしている人で離職するケースも結構あります。医療秘書はストレスのかかる仕事であるからです。医療秘書の役割ですが、病院で働くほかのスタッフがスムーズに仕事ができるようにサポートを果たす職種です。このため、相手に合わせて仕事をしなければなりません。自分のペースでなかなか仕事ができないことが多く、ストレスを募らせていきます。

医療秘書の仕事は、他のスタッフから指示を受けて業務するというスタイルが基本となります。的確に分かりやすく指示をしてくれればいいのですが、あいまいな指示を出すとか、ギリギリになって指示が出てくるので間に合わないといったこともあります。何かストレスをためている人が八つ当たりをしてくるようなことも中にはあると言います。医療秘書の仕事は、ある程度周囲に振り回されるのは仕方のないことと思っておいた方が良いでしょう。

医療秘書の業務を見てみると、特定のスタッフについて仕事をするというケースがままあります。病院長や病棟責任者、看護師長といった感じです。このような場合、対象のスタッフとは業務中に密な関係になります。相手がとっつきやすい人であれば、仕事をしていてもやりがいを感じられるでしょう。しかし問題になるのは、どうもウマの合わない人の秘書になった場合です。相手と一緒になって仕事をする形になるので、勤務時間中の多くを一緒に行動する形になります。生理的にあまり受け付けない人と長時間一緒にいるのは、仕事として割り切ってもストレスはたまるでしょう。

もし自分の職場環境でストレスを受けやすいのであれば、なかなか仕事中にそのストレスを発散できないのも医療秘書の難しさです。例えば看護師であれば、何かストレスを受けたりいやなことがあったりしても同僚に話をして発散することもできるでしょう。しかし医療秘書はえてして孤独なので、このようなつらさを共有してくれる相手がいないので、なかなかストレスを解放できません。しかも医療機関の場合、時間も厳密に管理されています。このため、例えばランチタイムを利用して外食するといったこともできず、ずっと職場の中で仕事をしなければなりません。これもストレスをため込みやすい要因です。

与えられた仕事を黙々とこなす、仕事は仕事と割り切ることができれば、ウマの合わない人についたとしてもそれほど悩むこともなくなるでしょう。さばさばした性格の方の方が、医療秘書に向いているかもしれません。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.