医療秘書の転職と自己PR

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の転職と自己PR

医療秘書の転職と自己PR

医療秘書の転職活動をするにあたって、履歴書や職務経歴書を作成する必要があるでしょう。履歴書や職務経歴書ですが、いろいろと作成するにあたってポイントがあります。その中でも自己PRをどのように作成するかが一つ重要になってくるでしょう。自己PRは読み手が「あなたと一緒に仕事をしたい」と思えるような内容にする必要があります。そのためにはどのような文章を作成すればいいのかを考えていきましょう。

まず医療秘書としての職務経験をすでに持っているのであれば、その部分のアピールを行いましょう。過去どのくらい医療秘書としてのキャリアを積んでいて、どのような仕事をしてきたか、仕事をした中でどのようなことを学んだかといったことを自己PRの中に盛り込みましょう。もし採用されれば、即戦力として使えると思わせるような文章内容にすることが大事です。

医療秘書に転職しようと思っている人の中には、医療秘書としての職務経験のない人もいるでしょう。その場合には、自分の今までのキャリアを見直してみて医療秘書として仕事をするにあたって役立つものはないか検証してみましょう。医療秘書は、来客や電話応対、スケジュールの管理、出張の手配といった後方サポート業務を担当します。例えば一般の企業で事務職を経験してきた人は、スケジューリングや出張の手配といった業務は経験したことがあるでしょう。そのような内容を自己PRに盛り込んでいけば、採用担当者の評価も変わってくるでしょう。

医療秘書は、医療チームや医療スタッフ個人のサポート的な役割が期待されています。ですから、誰かの役に立つことに喜びを見いだせる人の方が適性はあると言えます。過去に誰かの役に立ったエピソードがあれば、それを自己PRで取り上げてみるのもいいでしょう。そしていかに自分には医療秘書の仕事に未経験者でも適性があるかということをアピールしていきましょう。未経験者でも例えば医療秘書関係の資格を持っていれば、そのことも自己PRの所できちんと盛り込むことです。経験はなくても専門知識は持っていることの証明になるからです。

自分を売り込むことが恥ずかしいと感じる人も中にはいるかもしれません。しかし他の誰にもない自分の取り柄・魅力をアピールして、相手に自分のことを雇いたいと思わせることは転職活動を成功させるにあたって大変重要なことです。自己PRは書類を作成するときにはじっくり考えてみた方が良いでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.