医療秘書の履歴書の書き方

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の履歴書の書き方

医療秘書の履歴書の書き方

履歴書の書き方については、どの職種においても、大事な点がいくつか挙げられますが、医療秘書に関しては、仕事柄特に書類の書き方が重要視されてくるかと思います。面接や就職に近づくためには、書類選考を通らなければならないため、履歴書の書き方についてポイントをいくつかおさえて、興味や関心を持ってもらえるようなものを書くということが必要になってきます。まず、履歴書の写真についてですが、相手に印象を与える重要なものになります。

医療秘書は、院長先生やその他のドクターのサポートをする役割を担う立場にありますから、身だしなみは大事なポイントです。髪の色はや化粧の仕方で、その人のイメージはかなり変わってくると思います。次に、志望動機と自己PRについてです。志望動機は、どうして志望したのか明確に書くということがポイントになってくると思います。当たり障りのない、どんな方ども使っているような言葉を並べただけでは、相手には自分の強い思いは伝わりません。

明確にするための一つの方法として挙げられるのが、志望する医療機関を見学しに行くということです。志望する医療機関によっては、医療秘書の仕事している姿を見ることができないところもありますが、必ずしも医療秘書が見えないところで仕事をしているわけではありません。それは、医療事務と兼用して医療秘書業務を行っている医療機関もあるからです。実際に仕事をしている職員を目にする機会を作ることで、自分の勤務したらどういった職員になりたいかをイメージすることができるのではないでしょうか。

また、その医療機関の雰囲気を感じることができ、医療機関の良さを知る良いきっかけ作りになると思います。また、ホームページを見てみるというのも、一つの良い方法だと思います。また、自己PRについては、志望動機と同じように、よく使われる言葉だけでは、アピールに欠けてしまうでしょう。今までの経験が、アピールに繋がる場合もありますので、いくつか挙げてまとめてみるのも、一つの方法ではないでしょうか。自分のアピールポイントを、就職した際にどのように活かしていきたいのかということに繋げて明確にすると、相手に伝わりやすくなると思います。

その他に、趣味や資格取得についても、アピールできるポイントになると思います。趣味一つにしても、どのような人なのか見極めるポイントとなると思います。上記に挙げたポイントを一つ一つおさえながら、就職する上での次のステップである面接に繋げられるような履歴書を作成しましょう。自分でまとめるのが難しいという方は、転職サイトなどを利用すると良いと思います。サポートを受けられるメリットの他にも様々なサポート面がありますので、一度見てみると良いでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.