医療秘書を辞めたい場合

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書を辞めたい場合

医療秘書を辞めたい場合

医療秘書になるためには、勤務する先にもよりますが、パソコン能力や英語力、基本的な接遇マナーなどが挙げられます。また、多忙な院長やドクター、看護部長などの元について、サポートする役割を担う立場にあり、少ない人数で数多くの仕事量をこなさなければならないため、仕事のスピード、正確さ、臨機応変さなども必要とされると思います。

そのため、医療秘書に必要とされる、パソコン能力があり、基本的な接遇マナーがあった場合でも、スピードや臨機応変さなどが勤務先から求められるレベルにないと、採用されたとしても、長く続けることが厳しいという方も中にはいると思います。

しかし、上記に挙げたスキルは、医療秘書の職種以外においても、活躍できるものがほとんどです。医療に携わる仕事がしたいと希望されている場合においては、秘書の仕事ではなく、事務の仕事につくことも一つの方法だと思います。医療秘書で培った経験や知識は、医療事務でも必ず役に立ってくると思います。また、医療事務の求人情報の数のほうが、医療秘書の求人情報の数に比べると多くある と思いますので、就職しやすい可能性は高くなるでしょう。

しかし、医療秘書から事務に転職する際には、面接でなぜ秘書の仕事を辞めて、事務の仕事をしたいのかと聞かれる場合もあると思います。話す内容によっては、この人は長続きしない人なのかなと勘違いされてしまい、採用に繋がらなくなってしまうことがあると思います。そのような誤解を持たれないようにするためにも、事前の対策が大事になってくると思います。自分一人では、難しい点もあると思います。

そんなときに強みとなる一つの手として、転職サイトが挙げられます。転職サイトでは、就職活動する上での書類選考や面接対策などのサポートが充実しています。また、プロの方がサポートしてくれるため、心強いのではないでしょうか。自分が持っている良さも引き出してくれると思うので、どのような仕事をするのに向いているのか見極められる良いきっかけ作りにもなると思います。利用する時間においても、パソコンや携帯などで利用することが可能となりますので、時間がなかなかつくれないといった方でも、自分のライフサイクルに合わせた利用の仕方ができるのでおすすめです。転職サイトには、さまざまなものがあります。

リクルートエージェントやマイナビエージェントなどが、人気の転職サイトとして挙げられますが、その他にも、DODAやtypeなどもあります。それぞれの転職サイトで、さまざまな良さがありますので、一つに絞らずに色々目を通して、自分の希望にあった転職サイトを見つけてみることをおすすめします。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.