医療秘書の資格概要

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の資格概要

医療秘書の資格概要

医療秘書の資格には、日本医師会医療秘書認定試験や医療秘書技能検定試験、医療秘書情報実務能力検定試験や医療秘書実務能力認定試験、医療管理秘書士、医療秘書技能認定試験、医事管理専門秘書検定など、たくさんの種類があります。

医療秘書技能検定試験は、3級、2級、準1級、1級とがあり、難易度については他と比べると、準1級や1級については高くなるため、難しくはなりますが、その他の級に関しては、比較的易しい資格となると思いますので、取得しやすさがあり目指しやすい資格になりますので、人気のある資格だと思います。1級などは難易度が高くはなりますが、専門的な知識と技能を学ぶことができる資格ですし、難しい分やりがいに繋がる資格の一つではないでしょうか。試験内容の中に医療事務についてもあるようです。

上記に挙げたたくさんの種類の資格の中でも、専門学校や大学などさまざまな方法で資格取得を目指すことができますが、通信講座でも資格可能の医療秘書実務能力認定試験は、病棟クラークや医局秘書などに必要となる基本的な接遇マナーなど、スキルを学ぶことが可能となる資格内容になります。

医療秘書に必要となるスキルだけではなく、この資格の内容に、医療事務員としての実務能力を学ぶことも可能となります。勤務する医療機関によって、医療事務+医療秘書の業務をするところもあると思いますので、医療秘書と医療事務、両方のスキルを学ぶことができる魅力ある資格の一つになります。

資格取得にも3級、2級、1級などがあります。通信講座で取得可能となるため、仕事をしながら転職を考えている方や家庭がある主婦の方などでも、自分のライフサイクルに合わせて資格を取得することができるという良さもあります。また、近年注目されており、医療秘書としてのスキルアップを見込めることのできる医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)の資格も、通信講座で取得すること可能です。この資格は、ドクターが行なっている事務作業を、医師の秘書としてサポートする役割を担うために必要となるスキルを目指せる資格となります。

厚生労働省が診療報酬請求の対象としたことにより、ドクターズクラークとして活躍できる場は広がりつつあります。これからは、医師は多忙であり、業務が膨大ということもありますので、サポート役が必要となってくると思いますので、ドクターズクラークが必要とされる医療機関はますます増えていくと考えられます。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.