医療秘書と医療事務の違い

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書と医療事務の違い

医療秘書と医療事務の違い

医療事務と医療秘書の違いは、はっきりわからないと思っている方も、たくさんいると思います。医療事務と医療秘書とでは、活躍する場が医療機関ということは同じですが、医療秘書は、規模の大きな病院が一般的だと思います。また、業務内容に異なるところがあったり、求められる知識や能力にも違いがあります。医療事務は、病院の顔として主に窓口で、患者さんの保険証や診察券を預かり、診療問診票に記入してもらうなどといった受付業務、また診察代や治療代を点数で計算し、精算をする会計業務が、一般的な業務内容となります。

しかし医療秘書は、院長先生やその他のドクターのもとにつき、スケジュール管理や、来客応対、学会や研究会も頻繁にあるため、その際の出張の交通の手配、必要な書類の作成、書類の管理、書籍注文などが業務内容として挙げられます。また、勤務する医療機関によっては、英語力が必要となる業務もあるようです。医療事務の業務をしながら、医療秘書の業務をすると いった医療機関もあるようですが、一般的には上記に挙げたように、医療事務と医療秘書とで分かれるため、業務内容に異なるところがたくさんあります。

また、医療事務にも、医療の知識は必要とはなってくるところもありますが、医療秘書の場合は、医療事務とは違い、医療の法律知識も必要となりますので、幅広い知識が必要となってくるでしょう。また、ドクターは常に多忙のため、なかなか院内で会う機会も少なく、直接話をしたりをするのが難しかったり、電話が繋がらなかったりといった場合があります。その際に、他部署からドクターへの要件を医療秘書がドクターの代わりに聞き、ドクターへ伝えるといった大事な業務があります。

なので、医療機関で働くその他の職種、受付にいる医療事務はもちろんのこと、看護師や医療相談員などとも関わりが多くなるため、臨機応変さとコミュニケーション能力は必ず必要となります。医療秘書の知識を学ぶための資格検定も、医療秘書実務能力認定試験や、医療秘書技能検定などがありますが、医療秘書として活躍するのに、必ず必須となっているものではないと思います。ですから、医療秘書の資格ではなく、医療事務の資格を持っている方や、医療に携わったことのない方でも、実際に医療秘書として勤務されている方がいます。

医療秘書はドクターとのコミュニケーションが大事になってきますし、医療事務以上に高い能力や知識が求められるため、医療事務と比べると難しい仕事だと思います。ですが、医療についての知識も身につきますし、スキルアップも見込めてやりがいが持てる仕事だと思います。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.