医療秘書の志望動機の書き方

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の志望動機の書き方

医療秘書の志望動機の書き方

医療秘書の志望動機については、いくつか挙げられますが、まずは補佐することのできる業務がしたいということです。医療秘書という仕事は、毎日多忙なドクターの元につく医局秘書として、または看護部長などの元につく病棟クラークとして、ドクターや看護部長などがスムーズな業務が行えるように、サポートするという業務が主になってきます。常日頃から気を遣いながら仕事をしなければなりませんし、相手に合わせた勤務時間のため、不規則で大変なところもありますが、陰ながらサポート役になることにやりがいを感じられることのできる方は、医療秘書の職種に適した方と言えると思います。

次に、幅広く業務をこなすことや、流れ作業が得意ということが挙げられます。医療秘書の仕事の内容は、勤務する地域や医療機関によって異なるところがあります。ですが、一般的に、スケジュールの管理、来客応対、電話応対、学会や研究会などの書類の整理や、原稿の作成、学会や研修会などの交通の手配、学会などの音取り業務、医療新聞のチェックなど、たくさんの仕事内容が挙げられます。 この多く幅広い業務を平行しながらこなしていかなければなりません。また、限られた時間内でやらなければならない場合もあります。

ほとんどの医療機関で、医療秘書の人数は、医療事務員と比べると少ないと思いますので、一人一人の負担は大きなものになり、素早い判断力と、正確さも求められます。女性の方は、さまざま業務を平行しながらこなしていくことが得意だと思いますし、臨機応変に対応することのできる力があると思いますので、アピールできるポイントとして挙げられると思います。また、スキルアップが見込める仕事がしたいというのも良いのではないでしょうか。近年注目されてきている、医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)という仕事があり、医療秘書が担う医療機関があります。これは、医療秘書としてスキルアップができる仕事の一つです。

医療の用語や病名など、覚えなければならないことはたくさんあると思いますが、ドクターの知識に近づくことのできる魅力ある仕事だと思います。医療秘書として、さらに上を目指したいと考えている方には、資格を取得し、志望動機でアピールすることも良いと思います。医療秘書の志望動機を自分でまとめることは、なかなか難しく、苦手という方もいると思います。そんな方々におすすめなのが、転職サイトなどの求人情報サイトです。このサイトでは、さまざまな手厚いサポートを受けることが可能となります。家庭がある主婦の方や、働きながら転職を考えている方でも、手軽に利用することができる良さがありますので、おすすめします。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.