医療秘書の給料・年収

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の給料・年収

医療秘書の給料・年収

医療秘書の給料については、勤務する先によっても変わってきます。また、院長先生のもとにつくのか、院長先生以外のドクターのもとにつくのかによっても、かなり変わってくるようです。 医療秘書の求人情報であっても、医療事務の仕事をする医療機関もあるようですから、その場合正社員でいうと、医療事務との給料と差はなく、だいたい初任給で13万から15万程度だと思います。

ですが、院長秘書となると、責任も重要となってきますし、高い能力や知識も求められ、覚えなければならない仕事内容の量も多くなってくると思いますので、医療事務とは3万以上は変わってくると思います。また、資格手当や経験によっても上乗せされる場合があるようですので、待遇面を考えると、さらに良い給料になってくると思います。しかし、医療秘書が活躍する場は、医療事務より、かなり少ないのが現状です。

医療事務では、規模の大きな総合病院や大学病院などはもちろんのこと、規模の小さな個人病院やクリニック、薬局など、働く場所がたくさんあるのに対して、医療秘書では、規模の小さな個人病院やクリニックなどでも活躍している方もいるかもしれませんが、一般的には、総合病院や大学病院など規模の大きな医療機関に限定されてしまいます。

そのため、医療秘書の求人情報はかなり少なく、正社員の雇用形態の求人枠はさらに厳しいというのが現状です。派遣社員となると、勤務する先にもよりますが、だいたい時給1000円から1200円、パートであれば、だいたい時給800円から900円と、比較的高めな時給となりますので、待遇面を重要視しなければ、派遣社員やパート、アルバイトでもそこまで低い給料ではないかと思います。フルタイムで勤務するとなれば、毎月の給料だけで見ると、正社員に近い給料が見込める勤務先もあるのではないでしょうか。

ただ、医療事務と同じように、正社員はもちろんのこと、派遣社員、パート、アルバイトなど、雇用形態は様々というのは魅力の一つではありますが、医療秘書の場合においては、正社員以外の雇用形態であっても、求人情報はかなり少なく、未経験者がエントリーできる求人情報もほとんどありません。新卒者や未経験者でこれから医療秘書を目指そうと考えている方にとっては、就職できる可能性が低いというのが現状となります。求人情報サイトには、ハローワークなどには載っていない求人情報もあり、数が豊富という点やサポートのサービスがあるという点など、メリットがたくさんありますので、利用してみると良いと思います。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.