医療秘書の適性

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の適性

医療秘書の適性

院長やその他のドクターの元について業務を行う医局秘書や、看護部長や看護師などの元について業務を行う病棟クラークは、院長をはじめとするドクターたちや看護部長を含めた看護師などが、スムーズに業務ができるように、サポートをする役割を担うための立場にあります。

そのため、より優れた能力や知識量が必要となってくると思います。医療秘書に必要となるものは、いくつか挙げられますが、まずは強い責任感です。ドクターの元にまたは、看護師の元につき、多忙なドクターや看護師のサポートをする業務はもちろんのことですが、代わりに業務を担う場合もあります。そのため、責任が重大となると思います。

ドクターなどが診察や出張し不在の場合には、代わりに伝言を受けて、ドクターや看護師などに間違えのないように伝えなければなりません。どの職種に関しても、社会人として責任を持って業務をしなければならないということはもちろんではありますが、医療秘書については、より責任を持って業務をしなければならない業務内容が多くなると思います。

次に、優れた素早い判断力です。院長を含めたドクターたちは、業務が多忙であるために限られた時間内で、たくさんの仕事をこなさなければなりません。そのため、スケジュールに関しては、医療秘書がしっかりと管理をしなければなりません。今日は何時からどのような会議があるのか、出張の出発時間は何時なのかといったことを聞かれた際にも、その度にスケジュールを確認して答えるのではなく、頭に入れ、いつ聞かれてもすぐに答えられるようになることが必要です。

また、出張などに持っていく書類の忘れや不備があるなど、予想できないことが突然起こる場合もあります。 その際にも、一番良い方法を限られた時間の中で判断をし、行動することのできる力が必要になってくると思います。医療秘書に適している人は、どのような人なのか上記のように挙げましたが、始めから備わっていると思いがちな部分もあるとは思いますが、けして必ずそうだというわけではないと思います。

医療秘書に適した能力などに関しては、医療秘書としての経験を積んでいくことで、身についていくことが可能だと思います。医療秘書は、人柄も大事な要素として挙げられます。常に気を遣いながら業務をしなければなりませんし、自分のペースで仕事をするということが難しい職種になると思います。そのため、思いやりがあり、目配りや気配りが自然とできる力があり、陰ながらサポートをする仕事をすることにやりがいを感じることのできる人は、医療秘書に適した人材だと言えると思います。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.