医療秘書の再就職

医療秘書求人TOP >> 医療秘書の転職の基礎 >> 医療秘書の再就職

医療秘書の再就職

医療秘書に再就職しようと思っている人はいませんか?結論から言うと、医療秘書として再就職するチャンスは十分あります。医療秘書といわれると、大学病院や総合病院のような大規模な医療機関でないとなかなか募集が出ないと思っている人もいるでしょう。しかし近年の傾向として、病院以外でも薬局や製薬会社、健康保険組合で医療秘書の募集の出ることも増えてきています。医療の世界では、それぞれのスタッフの業務範囲を絞る細分化が進んでいます。そのような関係もあって、高い専門性を持ったスタッフの需要が高まっています。

ただしもし就職活動をするのであれば、「医療秘書募集」という求人だけを探さないようにしましょう。医療秘書という言葉はまだまだ世間一般的には広く浸透していない所があるからです。このため、実際には同じ人材を募集しているのに名称が違うこともままあります。医療秘書の場合、「病棟クラーク」や「メディカルコンシェルジュ」「メディカルアシスタント」「アシスタント」「院長補佐」といった名称で求人情報を出している所も結構あります。さらには「医療事務」とか「医療系の事務」という名称で求人が掲載されていることもあります。医療事務といわれると医療秘書と違うと思ってしまう人も多いようですが、実際の所は同じ仕事だったというケースもしばしばみられます。あまり医療事務という言葉にこだわらずに求人情報を収集することです。

医療系の事務職の募集ですが、応募する人は女性の方が多いです。女性の場合、結婚や出産といった人生のターニングポイントがいろいろとあります。将来のことを考えて正社員ではなく、非正規雇用でフットワークを軽くしておきたいと思っている人も結構います。そのような関係で、医療秘書の募集を見てみると、いろいろな雇用形態で募集が出ています。派遣社員や契約社員、パートタイマーのような募集もあります。もし正社員として就職を希望している人がいれば、雇用形態の部分を確認してから応募するかどうか決めた方が良いでしょう。

女性が安心して仕事のできる医療秘書の案件もあります。特に大きな病院で見られるのですが、院内保育園とか託児所を設置している案件もたびたび出ています。子どものいる医療秘書の場合、自分が仕事をしている間子どもをどうするかという問題があるでしょう。しかし院内に託児所や保育園があればそこに子どもを預けられるので、安心して仕事に集中できるでしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.