九州(福岡・熊本など)の医療秘書求人

医療秘書求人TOP >> 地域別の医療秘書求人 >> 九州(福岡・熊本など)の医療秘書求人

九州(福岡・熊本など)の医療秘書求人

医療秘書の求人情報数は、47都道府県、どこでもいえることだと思います。そのため、九州地区においても、他の地域と同じように少ないというのが、現状ではないでしょうか。 医療秘書は、ドクターや看護師などの元についてサポート業務をする立場にあります。そのため、ドクターや看護師などが不足してしまっている都市が多くあれば、医療秘書の人数も、もちろん必要とされる人数が少なくなるため、医療秘書として就職に就くのは、なかなか難しくなるでしょう。

ですが、九州地区にある福岡県にいるドクターの数は、全国的に見てみると5位以内と上位であるようです。この理由としては、ドクターを育成する大学が他の都市よりも多いということや、臨床研修病院として指定されている医療機関が、多くあり、研修医の受け入れ体制に力を入れているということなどが挙げられます。 ドクターの数が増えると、サポートの役割を担う医療秘書が必要とされる場も増えてくると思います。ただ、ドクターの多い福岡県ではありますが、住んでいる地域によっては、ドクターが少ないというところがあるという問題点があるようです。

この問題点については、福岡県だけではなく、他のドクターが多い都道府県に関しても、同じだと思います。この問題が少しずつでも解消されれば、どの都道府県に関しても、医療秘書が活躍できる場が増えて、求人情報数が少ないという問題の解消にも繋がっていくのではないでしょうか。

また、近年注目されてきている、医師事務作業補助員(ドクターズクラーク)が、さまざまな医療機関で必要とされて、導入され始めていくと、医療秘書の求人情報の数は、増えていき、求人情報数が少ないという問題も、少し軽減されると思います。ドクターズクラークは、ドクターの代わりに、診療録や種類の豊富な各診断書などを、ドクターの指示の元で作成するため、医療用語や病名などを理解しなければならないため、資格取得についても難易度は高くなると思います。

ですが、やりがいを持てる仕事の一つだと思いますし、活躍できる場が広がっていくメリットもありますので、取得に挑戦してみることも良いのではないでしょうか。ドクターズクラークの仕事でも、勤務する医療機関によって、行う業務の幅が変わってくると思いますので、就職活動する際には、さまざまな求人情報を見てみることをおすすめします。また、転職サイトなどには、求人情報数が多く、サポート面がしっかりとされているメリットがありますので、利用するのも一つの方法でしょう。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2018 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.