医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】

医療秘書の求人を探す方法

医療秘書は一般的に認知度の高い職種とは言えませんが需要は常にあります。求人情報はハローワークなどよりは転職サイトの方が比較的見つけやすいでしょう。

例えば、リクルートグループが運営するリクルートエージェントでは、ハローワークにはない非公開求人を多数扱っています。登録は無料で就業までしっかりサポートしてもらえますので、利用しない手はないですよね。

医療秘書の求人にも強い!転職サイトランキング!

リクルートエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントには、医療秘書関係ではじめて転職をする方へのサポート面が充実しています。アピールするポイント点がいまいちわからない、企業の選び方がわからない、在職中であるためになかなか時間を確保できないなどといった問題点に対して、強みや適正を判断し、その人にあった求人情報を転職のプロが厳選してくれます。また、時間がない方のために、応募先への面接調整や条件交渉も代行してくれます。サイト上だけではなく、直接話をしてサポートしてくれる安心面もあります。面接で自己アピールするのが苦手といった方へのサポートも充実してます。職種や業界検索の他に、「医療秘書」などキーワード検索ができるので持っているスキルを入力することで、自分の希望する求人情報がすぐに見られる良さがあります。
マイナビエージェント
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントでは、医療秘書向けの書類や面接などの対策に関してのサポートが充実しています。自己アピールが苦手、面接官を目の前にすると上手く話せないなど、就職活動での不安要素は、人それぞれ抱えているのではないでしょうか。マイナビエージェントでは、人事担当者が会いたくなる職務経歴書の書き方や、人事担当者が採用したくなる面接対策などのサポートがある良さがあります。自分一人で書類の準備や面接の対策をするよりも、マイナビエージェントの転職サイトを利用することによって、プロの方からサポートを受けられるので、自分では気付かないアピール面なども知ることができるのではないでしょうか。医療秘書に向いているのか、見極める良いきっかけにもなり、自信にも繋がると思います。
DODA
利用料金 無料
対応エリア 全国
おすすめ度 ★★★★
公式サイト 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAでは、スカウトサービスというものがあります。スカウトサービスとは、企業から興味のある登録者に、スカウトメールが届くというサービスのことです。医療秘書でも使えます。スカウトサービスに登録をすることが必要になりますが、登録だけすれば無料でサービスを受けることが可能となります。また、直接企業への応募も可能ですが、キャリアコンサルタントを通して求人情報に応募ができるサービスもあります。履歴書や職務履歴書などといった応募する際の履歴書や、職務経歴書などといった書類作成のサポートや、面接対策のサポートを受けながら、就職活動をすることができるメリットがあります。医療秘書の面接では、どのような内容が重視されているのか不安な方もいると思いますので、サポートを受けると自信に繋がると思います。

医療秘書はスムーズに求人が見つかるか?

医療秘書の求人情報は、医療事務でも少ない現状である現在では、医療秘書はさらに求人情報数はかなり少なく、厳しいというのが現状となります。

医療秘書が活躍できる場が、総合病院や大学病院など、規模の大きな医療機関に限定されてしまうということも求人情報が少ないという理由の一つになると思います。

また、医療秘書の業務と医療事務の業務を平行しながらこなしていく医療機関もあります。そうなると、医療事務員の人数だけで、業務を担えるために、医療秘書の業務を主とする人材を募集をするところも少ないのではないでしょうか。

また、勤務する地域によっては、規模の大きな医療機関が少なく、小さな規模であるクリニックなどの数のほうが多いというところもあると思いますので、医療秘書が活躍できる場がほとんどないというのが現状だと思います。

医療秘書の資格の種類は豊富にあり、難易度も易しいものから高く難しいものまで、幅広くありますので、未経験の方が医療秘書の就職を希望する場合には、取得することが、アピールできる強みとなると思います。通信講座でも、資格可能である医療秘書の資格は、未経験者の方でも一から学べて、丁寧なサポートもあるため、スキルを磨くためには良い方法だと思います。

医療秘書の資格は、医療事務の資格と同じように、重要視されているわけではなく、必須となる資格ではないようですが、医療秘書という仕事は、ドクターや看護部長などの元について、サポートをする立場にあるため、何も知識がないという状態では、就職はかなり厳しくなると思います。責任の重大な仕事内容もあります し、来客応対や電話応対もありますので、礼儀や基本的な接遇マナーが身についていなければなりません。

アルバイト経験で接客業に関わる仕事をしたことがあるという方でも、活かせるものがあるとは思いますが、医療秘書に求められるレベルはかなり高くなると思います。 一から学ぶことのできる資格取得は、実際の現場で即戦力となる強みになと思いますので、就職活動に必ず役に立ってくると思います。

また、近年注目されており、少しずつ活躍の場が広がってきている医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)の資格を取得することで、求人情報の枠は広がっていくと思います。

ドクターズクラークの仕事内容は、患者さんの診療録やさまざまな種類のある診断書などを、ドクターの指示の元で作成するといった仕事が主となってくるため、病名や医療用語などがちゃんと理解しなければならないため、難易度も高くはなってきますが、これからさらに活躍できる場は広がってくると思われますので、資格取得することも、スムーズに求人情報を見つけるためには、一つの手だと思います。 

TOP

医療秘書の転職の基礎

条件別の医療秘書求人

勤務先別の医療秘書求人

地域別の医療秘書求人


Copyright (C) 2016-2017 医療秘書求人ランキング【※正社員雇用が見つかるサイト】 All Rights Reserved.